不妊治療の費用と助成金

不妊治療を始める前に、まず第一に気になるのは、不妊治療は
どれくらいの期間行う必要があるのか?と言った点と、第二には、
一体どれくらい費用がかかるのだろうか?といった経済的な問題では
ないでしょうか?

インターネットで「不妊治療の費用」と検索窓に打ち込んで調べると
不妊治療には1千万円くらいかかる。と費用の平均が書かれている
こともあるので、びっくりされる患者さんもいらっしゃることと思います。

不妊治療は、治療の初期段階である一般的な不妊治療であれば
保険診療の範囲内で済むことになります。その場合は実質3割負担で
済みます。(1回の治療費は数千円程度)

タイミング療法とHMG-HCG(FSC-HCG)療法は保険が適用になります。
しかし、問題は高度生殖医療と呼ばれる不妊治療です。

高度生殖医療と呼ばれる治療は、体外受精や顕微授精です。
これらは保険適用外です。費用は全て自費になります。

高度生殖医療は、医療機関ごとに値段が違いますが
ここに平均値を上げますと、人工授精で1~3万円程度。
体外受精の場合は20万円~60万円ぐらいと言われています。

一般的に言われている「不妊治療」は、この高度生殖医療を
指して言っている場合が多いので、世間的に言われる
「不妊治療は高い」というイメージは、ここからくるのだろうと思われます。

高度生殖医療に頼らずに妊娠できた場合は、費用はそれほど
かかりませんが、体外受精や顕微授精と言った治療を望む場合は
回数を重ねるごとに、費用がかさんでいくことになります。

また、人工授精により無事妊娠できる確率は20~30%程度と
言われています。その為、1回の人工授精で無事に妊娠できる
確率は、あまり高くないと言えます。

そのため、2回、3回と人工授精を繰り返す不妊治療の患者さんは
多く、費用が工面できないために、不妊治療を諦めてしまう
ご夫婦も多いのです。

高度生殖医療に踏み切ったご家庭にとっては、不妊治療代の工面を
することは、大変な苦労が必要です。

そのため、今日本全国の各自治体では、不妊治療に対する助成金を
交付する市町村が増えています。

この助成金は、全国全ての地方自治体が行っているわけではなく、
また、この助成金だけで高度生殖医療にかかわる全ての費用を
賄えるわけでは無いのですが、不妊治療を行う費用の一部として
利用する価値は充分だと思います。

不妊治療に対する助成金の交付金額は、実施している地方自治体により
様々で、一概に言えないのですが、1回につき10万円~15万円を
1年間に1回、または2回交付する自治体が多いようです。

助成金を支給する期間についても、自治体により様々です。

高度生殖医療での妊娠を望まれる方は、一度お住まいの地域の
お役所で、不妊治療の助成金について、お聞きになってはいかがでしょうか。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします